星野合同事務所

【Close up】 Vol.100 遺言能力と成年後見人・保佐人等の遺言行為/京都といえば

2015.10.30更新

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

  CLOSE UP    VOL.100  司法書士法人・行政書士法人 星野合同事務所

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇2015/10/30◇━━

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
東日本大震災に関するお知らせ : 震災後の主要法令 特例措置のご案内
http://hgo.jp/disaster/?mailmaga
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎はじめての方へ

このメールは当事務所お取引先、または当事務所所員が名刺交換させて頂いた方
メルマガ配信登録をしていただいた方に配信させていただいております。

登記、法務、許認可等に関し、有用と思われる情報を少しずつ
提供いたしますので、よろしくお願いします。

※配信停止を希望される方はお手数ですが、件名に「配信停止」と入れ、
 closeup@snnm.jpまで空メールをお送りください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 事務所移転のご案内
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

このたび弊社東雲グループ各社は、業務拡張およびグループ連携強化のため、
事務所(東京オフィス)を移転する運びとなりました。

今年は創業40年、そして先代から代表を引継いで10年の
節自の年でもございます。

法律・制度改正、TPP、IT化など、新たな時代のニーズにも
迅速的確に対応できるリーガルワンストップサービスを追求し、
少しでも皆様のお役に立てるよう、役職員一同一致団結し、
一層の努力、精進をして参る所存で御座います。

何卒倍旧のご厚情を賜りますようお願い申し上げます。


代表社員 所長  星野 大記

◆司法書士法人・行政書士法人 星野合同事務所(東京オフィス)
◆東雲土地家屋調査士法人
◆東雲アドバイザーズ株式会社
◆御池・東雲グループ株式会社


【新住所】
〒103-0021
東京都中央区日本橋本石町三丁目3番16号 日本橋室町ビル5階

※電話・FAX番号に変更はありません。

【営業開始日】
2015年11月9日(月曜日)


東雲総合法律事務所は従来通りストークビルヂング本石4階にて営業中です。
(東京都中央区日本橋本石町三丁目2番6号 ストークビルヂング本石4階)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ INDEX
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  【1】遺言能力と成年後見人・保佐人等の遺言行為
  【2】京都といえば
  【3】あいうえお順で覚える!!法律用語
  【4】ラジオ番組レポート!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
【1】遺言能力と成年後見人・保佐人等の遺言行為
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

遺言能力とは、遺言をすることのできる能力のことをいい、
民法では遺言者が満15歳以上で、遺言をするときにおいて能力を有していれば
遺言をすることができるとしています。

この能力とは意思能力のことを指すものと考えられています。


一般の法律行為では、民法では、未成年者、成年被後見人、
被保佐人及び被補助人といった制限行為能力者の規定を定め、
判断能力を有しない者を保護していますが、
遺言に関しては、これらの規定は適用されません。


ただし、成年被後見人が遺言をする場合には、
自筆証書遺言、公正証書遺言などの各遺言の要件を満たすと同時に、
次の要件を満たす必要があります。

(1)
事理を弁識する能力を一時的に回復した時点で遺言を作成する。

(2)
医師2名が立ち会う。

(3)
遺言に立ち会った医師が、遺言者が遺言をする時において
精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く状態になかった旨を
遺言書に付記して、これに署名し、押印する。
ただし、秘密証書による遺言にあっては、
その封紙にその旨の記載をし、署名し、押印する。


被保佐人の場合は、上記の成年後見人のような制限はありませんが、
遺言の有効性を疑われないため、
成年被後見人の遺言手続に従って作成しておくこと、
遺言の有効性を裏付ける証拠を集めておくことなどが
必要になると考えられます。



★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
【2】京都といえば
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

京都は古都であり、そこの建物といえば、
寺社仏閣や町家を思い浮かべる方が多いでしょう。

しかし、京都には、別の顔があります。

京都は「学生の街」でもあります。

京都大学、同志社大学、立命館大学をはじめ、
市内だけで合計38の大学・短大が所在しています。

学生数は14万人弱、京都市の人口は150万人弱ですから、
人口の約1割を学生が占めていることになります。

これは政令指定都市ではNo.1の割合です。

因みに東京都は、凡そ人口1300万人に対し大学数180強、
学生数は75万人弱、割合は5%強です。

京都では「石を投げれば坊主にあたる」と共に、
「石を投げれば学生にあたる」とも言われます。


更にここ最近、京都市内の学生数は急激な増加傾向にあります。

と申しますのは、バブル期の80年代以降、市外に転出した大学が、
少子化による学生獲得の必要から、続々と市内に回帰しているのです。

同志社大学、立命館大学、龍谷大学などがそうです。

この背景には、都市部での大規模な用地取得を制限してきた工場等制限法が、
平成14年に改正され、緩和されたことがあります。

そんなわけで、京都市内の学生向け賃貸マンション、アパートへの需要は、
元々高い上に、ここへ来てより一層の高まりを見せています。


では物件の供給についてはどうでしょうか。

京都では、建築物に対し、都市計画法と景観条例による
特別に厳しい高さ規制があり、
外国人観光客を想定した景観保全の意識が高まる中、
近年その規制はますます強化される方向にあります。

また市内の大規模な開発用地は、最近進出が相次ぐ外資系ホテルや
高齢者向け施設等に浚われる傾向があります。

よって単身者向け物件に関して、供給サイドにおいても、
慢性的に大きな制約が課せられている、といえます。


以上のような事情から、京都の単身者向けマンション、アパートは、
不足傾向の持続が確実視され、投資用として最近大いに人気を高めています。



★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
【3】あいうえお順で覚える!!法律用語
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「へ」で始まる法律用語

【閉鎖会社(へいさがいしゃ)】


閉鎖会社とは、
「当会社の株式を譲渡により取得するには、株主総会の承認を要する。」
というような、株式の譲渡について、
定款に制限を設けている株式会社のことをいい、
会社の登記事項にもなっています。

このような会社のことを、非公開会社や譲渡制限会社ともいいます。

実はこの閉鎖会社、譲渡制限会社などの用語は
会社法上の用語ではありません。

会社法では2条5項で「公開会社」を定義し、
そうではない会社を「公開会社でない会社」としか表現していません。

公開会社とは、株式の譲渡制限がない株式会社のことをいい、
いわゆる上場会社はすべて公開会社といえます。

つまり、会社法では株式を自由に譲渡することを原則にしており、
例外的に制限できるとしているのです。

しかし実情は、日本の株式会社の99%が
譲渡制限を設けている閉鎖会社といわれています。


次回は「ほ」から始まる用語を解説します!



★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
【5】ラジオ番組レポート!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

関東・関西・九州のラジオ番組に当事務所所長の星野が
コメンテーターとして出演中です!

毎週、相続、借金問題を中心に様々なお金の悩みの
解決方法をお届けしています!


■番組『お金の悩み110番』

<ラジオ日本>
毎週金曜日 12:20~12:30
毎週月曜日 17:50~18:00(再放送)※金曜日とは内容が異なります

<KBS京都>
毎週金曜日 17:30~17:40
毎週日曜日 17:40~17:50(再放送)

<IBS茨城>
毎週水曜日 12:20~12:30

<RKK熊本>
毎週火曜日 13:35~13:45
毎週水曜日 17:16~17:26(再放送)

<OBS大分>
毎週火曜日 12:30~12:40

<STV札幌>
毎週土曜日 17:30~17:40

<ぎふチャン>
毎週火曜日 17:00~17:10
毎週水曜日 12:46~12:56(再放送)

<FBC福井>※10月から新しくスタートしています
毎週木曜日 12:35~12:45



ネットでラジオが聞ける「radiko」でも各番組が聴けます!
◆radiko(※一部地域除く)
http://radiko.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■発行:星野合同事務所 http://hgo.jp/
 ■お問い合わせ closeup@snnm.jp 03-3270-9962 ■ 編集担当 江嶋
 ■バックナンバー http://hgo.jp/mailmaga/
 掲載文章の無断転載を禁じます。情報内容には万全を期していますが、
 これに基づき万が一損害が発生した場合には責任を負いかねます。
 All Rights Reserved, Copyright (C) Hoshino Godo Office.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★